会社沿革

   
株式会社タカミツ精機

弊社は、昭和55年4月に機械加工の専門会社として設立されました。

設立以来”高精度・高品質”をキャッチフレーズに着実に信頼を得て、今日に至っています。

昭和56年6月に工場を新設した後、新規需要に対応すべく昭和58年9月及び昭和60年8月に工場の増設を行うと共に、株式会社タカミツ精機と会社組織を改称いたしました。

平成9年5月に本社と第二工場を統合して工場の拡充をはかりました。

現在は、コンピュータ及び周辺機器、半導体、液晶関連、医療器等、また部品組立まで一貫した生産システムを確立いたしました。

益々高度化した加工精度とそれを保障する品質を備え、取引先のニーズに対応した展開を構築いたしました。

また、CADで作成された2次元・3次元データを利用した新たなCAD&CAM化のシステムを構築いたしました。

今後設備を含め、より高い加工技術の習得を目指して、工場運営をしてまいります。

 

皆様のご指導ご鞭撻を、よろしくお願い申し上げます。

 

昭和48年(1973年)4月:独立開業

昭和55年(1980年)4月:有限会社タカミツ精機 設立(多摩区)

昭和58年(1983年)9月:第二工場増設(登戸)

昭和60年(1985年)8月:増資 株式会社タカミツ精機 社名変更

平成09年(1997年)5月:新本社工場移転(高津区久地)/本社と工場統合

平成21年(2009年)7月:ISO9001:2008取得